会社概要

ユニフォームは、
働くひとの
仕事のスイッチ。

袖を通すと湧いてくる、凛とした気持ち。
「さぁ、今日もがんばろう!」
ユニフォームは、
働く人びとをワンチームにしてくれます。
私たちダイコクヤは、
みなさまの新しいチャレンジを
ユニフォームを通して応援いたします。

ユニフォームは、働くひとの仕事のスイッチ。

袖を通すと湧いてくる、凛とした気持ち。
「さぁ、今日もがんばろう!」
ユニフォームは、
働く人びとをワンチームにしてくれます。
私たちダイコクヤは、
みなさまの新しいチャレンジを
ユニフォームを通して応援いたします。

TOP
MESSAGE

私たちは、「お客様へのきめ細やかで丁寧な対応」を
信念として大切に継承しています。
これまで蓄積した経験を活かし、
お客様のニーズに則した商品をお届けいたします。
ユニフォームのファッション化が進む昨今、
豊かな感性とお客様の立場に立った
コミュニケーションを重視し、
社員一同、お客様の良きサポーターになるべく
努力し続けます。

代表取締役

青山 太郎
青山 太郎

私たちは、「お客様へのきめ細やかで丁寧な対応」を
信念として大切に継承しています。
これまで蓄積した経験を活かし、
お客様のニーズに則した商品をお届けいたします。
ユニフォームのファッション化が進む昨今、
豊かな感性とお客様の立場に立った
コミュニケーションを重視し、
社員一同、お客様の良きサポーターになるべく
努力し続けます。

代表取締役

青山 太郎
会社概要

会社概要


社名 株式会社ダイコクヤ
創業 1883年(明治16年)
所在地 980-0802 宮城県仙台市青葉区二日町5-28
資本金 10,000,000円
代表取締役 青山 太郎
適格請求書発行
事業者登録番号
T8370001008907
営業時間 9:00-18:00(土・日・祝日定休日)
営業品目 ユニフォーム及びその関連商品の販売
フリーダイヤル Tel.0120-048086 Fax.0120-048009
電話・FAX(代表) Tel.022-263-0480 Fax.022-713-8631
E-Mail daikoku@uniform-dai.co.jp

沿革

1883

芭蕉の辻にて創業

1908

共同商館に出店

1950

二日町に移転

1954

有限会社大黒屋白衣店として法人登記

1970

二日町に社屋新築

1988

株式会社ダイコクヤに社名変更

2017

青山太郎 代表取締役に就任

2023

新社屋の建て替え完成


1908年 共同商館にて

1908年 共同商館にて

1970年 旧社屋完成

1970年 旧社屋完成

2018年 旧社屋

2018年 旧社屋

2023年 新社屋完成

2023年 新社屋完成

シンボルマークの由来

戦後にユニフォームが普及してきた頃の生地は、糊などの不純物が多かったため、縫製前に綺麗な水に晒して汚れを取る必要がありました。その工程のなかで、生地の端を固定するために「木槌」を使用していました。また、屋号でもある七福神の大黒天が持つ宝物「打ち出の小槌」の縁起の良いイメージを用いて「槌」をモチーフとしました。

シンボルマーク
生地を固定するために使用していた「木槌」

生地を固定するために使用していた「木槌」

アクセス

/

SUSTAINABILITY


CONTACT